zo-santotea’s diary

読書日記。1週間に3回アウトプット。

○「群集心理」ギュスターヴ・ル・ポン

1921年とかに書かれてるいい。原敬が殺された年らしい。物騒な時代だ。今なら当たり前なのかもしれないけど、そんな時代にこの本が書かれていることにびっくりした。

 

群衆心理を引っ張れるのは理論ではなく感情だ。どんなに理論がすごくても納得いくものだったとしても、勝つわけではない。心に響くキャッチフレーズみたいなのが勝つんだろうな。例えば学者のように論理的に考えられる人であっても群衆の中では埋没する。理論的に考えられない。だから、魔女裁判みたいなのがあった。

そして、群衆だと自分の責任という感覚が乏しくなるため、凶暴にもなれる。人も殺せてしまう。

数は強い。

 

この本ではナポレオンが出てきた。フランスの群衆の心は掴めたけれど、ラテン系の心が掴めなかった。群衆心理は民族により異なる。文化というか根っこのようなものがあるから、それぞれで違う。心理を掴みたいならよく観察する必要がある。

 

ローマが国として成功したのは共通のこれがいいっていう群衆心理が出来たからだと言っている。なるほど。

 

今はネットが発達しているから冷静に慣れるしあんまり当てはまらないのかなとか思ったけど、フェイクニュースなど、冷静に判断できないことも多数ある。

きっと無意識のうちに判断してしまっていることに群衆心理が働いている。

 

みんながやっているからやるとか、持っているから欲しくなる。手放しているから私も。

書いててあっ、これが心理かって思った。自分の中でそういう感情が浮かんだら、「これが心理か」と冷静になりたい。そう思わせてくれる本だった。

 

また読もう。

 

 

2021/7/1-9/12

「しんがり 山一證券最後の12人」清武英利

江口洋介のドラマを見出して、興味を持って読んでみた。

山一證券と言えば、社長の「社員は悪くありません」という泣きながらの会見のイメージ。

正直あの社長も何も知らない段階で社長に祭り上げられたなんて知らなかった。

 

山一證券コンプラ感覚がひどいけど、他もそんなもんなのではないかと思う。三菱電機なんてこの前も検査の不正のニュース出てたし。

集団の中にいると個が霞む。最初の一歩は小さかったんだと思うけど、気がついたら戻れなくなるんだろうな。

 

山一證券の人は90%再就職しているらしい。もともと優秀だったのか。社長の記者会見が世間の同情をかったのか。あと、人脈かな。誰々を引っ張るとかツテがあったぽい。うん、仕事って人脈だよね。縁というのか。どれだけ縁を作れるか。私は??と考えちゃう。

どんな人でも仕事というかやることがあれば頑張れる。輝ける。場末と呼ばれてた人がやり遂げたんだもん。そういう場を自分で用意できるか。そういう場所に行けるかというのが、人生の違いなのかな。

 

報告書を苦労して作り上げて発表した記述は涙がでた。主人公も役員だったから、山一の虚偽記載で訴えられていた被告の1人だった。報告書を出したことで訴えられていたた訴訟の何件かは主人公分は取り下げられた。でも、役員として名を連ねたからには善管注意義務がある。社内を、牛耳っていた会長より社長のほうが罪が重かったんだって。責任を果たさないということ自体罪なのか。

 

この会社にずっといるという終身雇用。バスという限られた空間の中に乗って終電までみんなで運ばれていく感覚。

私はこんなことがしたいんじゃないと思う人。

二通りの人がいる。ただ、後者もだんだん前者になっていく。惰性、慣性。

 

頑張りきれるのか。自分を信じきれるのか。挑戦し続けられるのか。

そう書かれている気がする。

 

2021/8/30-9/10

『今あるもので「あか抜けた」部屋になる。』荒井詩万

3がポイント。

クッションも3つ、配置も三角形。色も3色が良い。

お金をかけるならカーテン、照明、雑貨だって。家にいるのLEDのただ、明るいタイプだから、床置きのやつなんか買おうかな。

影ができると広く見えるらしい。

 

あと、目のやり場というか注目ポイントを作ってあげる。部屋入った対角の奥とか目に入りやすいところに見せ場。

うちは、ドーンとカラフルなソファと真っ黒なテレビが見えちゃうから圧迫感があるんだろうな。

テレビを最初部屋に入ったときに死角にあると良いってかいてあった。

 

・130-150cmの観葉植物

・一室多灯。ダイニングテーブルからペンダントライトの下部まで距離が60-80cmで、電球色

・カーテンは白やベージュの控えめ

・フレームに入れると高級感出る。1つだけ蓋を変えるとおしゃれ。線を意識して下を揃えたり、真ん中を揃えたり、資格の中に入れたりして、9割の壁は余白に

・75-135cmの高さを人は無意識に眺める

 

ソファは10-20万くらいが一番売れてる。

 

よーし!!

照明を買おう。そして、観葉植物。

 

オススメされてたディクラッセで照明を買った。

 

2021/8/25-8/28

「オペラ座の怪人」ガストン・ルルー

なんとなくオペラである事は知っていた。雑誌かなにかで目にして小説を読んでみた。読むとオペラも見たくなるね。いこー。

 

スケールが大きい。オペラ座に誰か住んでいると言われても納得しそう。醜くて顔を仮面で隠した怪人と歌姫。そして、幼なじみの貴族。楽しい展開だ。

オペラ座。パリで外から見ただけだけど、正直イタリアとかで見たのと被ってるけど、荘厳な作りだよね。

 

歌姫が貴族と結婚できないとか、フランスぽいと思ったけど、日本もそうだったね。パリコミューンとか、フランスの人々には深く刻まれた出来事なんだろうな。

 

ずっと主人公の名前がファントムなんだと思ってた。出てこないって思ったら、西洋における亡霊のことで、オペラ座の怪人のミュージカルの題名だった。アホだ。

 

 

2021/8/1-8/29

「工場夜景」工場ナイトクルーズ編

川崎、横浜の工場夜景は見たことがある。キレイだ。迫力があり怖くもある。

無機質な感じが、キレイな配列が見たくなる。

昼間の工場も好きだ。頑張って働いている気がする。人間が頑張って作ったんだなって思う。

 

でも、出ている煙を見ると、見えないない匂いとかもさあだけど、あー地球を汚してるなとも思う。

使っているから私も一緒なんだよね。それは、おいといて。

 

私は室蘭の写真が好き。自然豊かなんだろうな。バックの山とか海とかスケールの大きさを私は工場に求めている。

 

でかいなー。これで充分だ。また見に行きたくなった。

 

 

2021/8/20

「母さんごめん、もう無理だ 今日も傍聴席にいます」朝日新聞社会部

ネットで朝日新聞読むと気になってたから読んでみた。ネットとか新聞だといいけど、本として読むと短い。もっと色々掘り下げて欲しいーと思ってしまう。

2013-2015何の内容。2022年の今読むと、介護疲れとか減ってきてるのかなということ。デイサービスとかだいぶ当たり前になってきたと思う。前は在宅介護が当たり前だったなんて、信じられない。10年くらい前に友達がデーサービスでボランティアしてると聞いて、デイサービスが何かわからなかったけど、今ならほとんどの人が知ってるんじゃない⁇こういう事件とか問題を受けて社会も変わってきているんだ。

 

衝撃的だったのが、内縁の夫が何度言っても電気を消さないからDVをした妻の話し。最終的に殺してしまった。子どもだって3回言えば覚えるのになんで出来ないのと、暴力をふるう。夫にその話をしてみたら、大人だからできないんだと、変えられるものならすでに変わっている。と言われて妙に納得してしまった。

 

時間になる理由って結構身近にあるんだね。

 

2021/8/5-8/7

「このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む転職の思考方」北野唯我

技術、経験、人脈、業界の生産性。

今いる業界はなくならないが、参入障壁が低いし差別化もしにくいから、誰でも入ってこれそう。だからこそ業界no1を狙ってて選ばれるようにしてる。

 

業界の未来というとItとかのが伸びるから魅力的。三角かな。技術っていうと、社外でも活かせるものはある。経験は、ないな。リーダー経験が有れば良いんだけど、正直ないのがいたい。そして、引っ張っていける気がしない。

 

転職が多いって、その職場に魅力があるということ。魅力があるから、能力がある人も長くいたいと思うし、外からも集まってくる。なるほどな。そうなると好循環。

 

転職をするのが怖いのははじめて決断をするから。流れで学校行ってそのまま就職して。何か持っているものを手放すという決断したことなかったわ。

あと、質問がいいな。中途採用で今輝いている人のこと聞くとか、どんな人を望んでいるかを聞く。

 

とりあえず一言言えるのは、どこでも生きていける力を自分でつけないとダメ。

 

 

25

33

106

 

2021/8/1-8/11